あなたへの手紙

都会と八ヶ岳の気ままな便り、カメラの話も交えて新しくスタートします。2016.5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

哲学の道

京都は何度行っても見飽きない 1000年の歴史悠久の町、数日の旅行では
限られた場所を訪れるのが精一杯。

この間の訪京都は紅葉見物でしたが 暖冬のせか残念ながら高雄山の
神護寺と 一度は歩きたかった「哲学の道」近辺に予定を変更。

「思索の小径」..「哲学の道」以前には「思索の小径」として云われて
いたが、後に「哲学の道」と命名されて日本の道百選にも選ばれた。

哲学者 西田幾多郎(明治時代の京都大学 名誉教授)が散策しながら
思索にふけった事からこの名がつけられたと云われている。

RIMG0117.jpg

京都観光案内には必ず紹介されている 定番見どころだが桜と紅葉が綺麗な
この道も紅葉の時期とは言え今回は訪れる人もまばら、哲学の道に相応しく
静かで、凡人には残された人生をどう過ごしたら良いのか 思索を巡らす散策でした。

RIMG0119.jpg

上の写真、哲学の道に隣接する家の軒先から 見てくださいと云わんばかりに
道端にはみ出していた 花 なんと云う花名か分からないが見事でパチリと
カメラに収めましたが 貴方だったら分かる分かるでしょうか。

IMG_0123.jpg

高雄山? 東京郊外の高尾山ではありません 私も初めてしりました。
京都北西、嵯峨野嵐山の奥に高雄山神護寺があります。
高野山真言宗の遺跡の寺。

前回の「京豆腐」で書いた 唯一紅葉が早かった場所、神護寺はとにかく凄い!

何が凄いったって バス停から参道を登る、登る 門前までの階段を歩く事
30分?? 皆、来た以上是が非でもたどり着かなければと見学前の苦行でした。

IMG_0124.jpg

ようやく門前に到着、門を入ると 広大な広場に歴史的建造物 よくもま~
この山奥、山腹に広大な土地を切り開き 大きな仏閣を建造したものだと関心

やはり頑張って来たかいがありました 紅葉はちょっと寂しかったけど。

IMG_0131.jpg
IMG_0125.jpg

帰り道、バス停までの途中で一息 神戸から来たご婦人達3人組とおしゃべり
お互い、疲れた~~ もう二度と来たくない..と云ったら そんな事云わずに
京都においでやす~と 京都の人?いやいや神戸ですと大笑いの帰り道でした。





スポンサーサイト
  1. 2012/01/29(日) 11:46:54|
  2. 旅あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

山で雪、町で雪

今年は東北、北海道で連日大雪の報道です。

そんな時は概して山の棲家は雪の少ないのが常ですが..
先日、様子を見に八ヶ岳山麓の我が家に行ってきました。

相変わらず1月は寒い~~ たった1ヶ月経過の冬ごもりで
都会の気候に慣れた 身体にはこの寒さは堪える~~氷点下10℃

で..所々に若干の残雪あるも 積雪は到着時なし 
夜からの天気予報は関東一園、雨か雪 いやな予感。

R0011827.jpg

案の定、山は夜から深々と雪が降り積り 朝には40cmの積雪です。
翌日も雪、50cm こんなばずじゃ~なかった 助けて~~
急遽近くの農家に除雪応援を依頼、トラクター出動
とにかく車 出せず.. 我が家の前の道路300mを除雪で 通れる事に。

普段の付き合いが大切と実感した一日。

RIMG0239.jpg
RIMG0244.jpg

4日間滞在の内、2日は雪かきで大汗、3日目 とうとうやりました!

「 腰痛です 」ぎくっと一発! 帰りの車運転は山の神さんにお願いです。
帰りの国道は塩カルで 車は真っ白になりながらの帰宅でした

RIMG0249.jpg
RIMG0265.jpg

で、帰ってみれば首都圏でも今年初めての積雪で大騒ぎ..
都会は雪かきで腰痛は無いが、滑って転んで 骨折が怖い..でした。

  1. 2012/01/24(火) 23:09:15|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

恵比寿の街角

私が恵比寿に住んでいたのは もう~40年以上前になります。

妹夫婦の新居完成にともない 空いた親の家、大学を卒業して間もなくの
私はこれはもっけの幸いと、留守番役として8年、結婚後5年の都合13年。

目黒と渋谷に挟まれた 小さな恵比寿駅

久し振りに訪れたこの町は 大きく変貌していました。
だって..住んでいた家から200mの所に、恵比寿ガーデンプレイスが
出来ちゃったのです。

何時も降りていた東口にはビルが乱立....いや~浦島太郎です.と
云いたいところですが 実は ガーデンプレイスが出来てから
昔の家のあった場所を 懐かしさのあまり何度か訪れています。

周りが大きく変貌したのに 旧我が家の付近は昔の面影を残していました。
住んでいた頃、蛇口をひねるといつでもビールが出てくる!! 

冗談!冗談! でもサッポロビールでは工場の昼休みを知らせる汽笛の音で
町内に迷惑をかけているとの気遣いででしょうか
盆暮れにビールの券を配ってくれる とてもい~い会社でした。

RIMG0207.jpg
RIMG0201.jpg

東口から見た渋谷はすぐそこ 34階の 「渋谷ヒカリエ」 旧東急文化会館
日本でも多分数少ない? 繁華街のど真ん中に立地する焼却施設の煙突との
取り合わせはとても不思議な光景です。

RIMG0209.jpg

RIMG0206.jpg

恵比寿駅はその頃の静かな面影も一新して 渋谷の延長になっのは
時の流れ、致し方ないのかもしれません。
かすかな明かりを残して茜色の空が とばりを下ろす頃、町は新たな
賑わいが始まろうとしています。

RIMG0214.jpg

RIMG0210.jpg
RIMG0219.jpg
 
  1. 2012/01/14(土) 18:13:17|
  2. 町歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

京豆腐

昨年の11月中旬過ぎ、紅葉見物を兼ねて京都に行った。
果たして、紅葉は見れるのであろうか 少し不安が横切る。

日程の都合で中旬になったが 暖冬もあって不安は的中
どこも未だ青葉!
限られた紅葉の名所行きには バスも電車も
押すな押すなの大混雑、仕方なく京の味めぐりが中心となってしまった。

今回は嵯峨野で湯豆腐を食べようと決めていた。

湯豆腐..京都観光には定番の食メニューだがじつに奥が深い
極めて単純な素材が 作るところ、出す場所、店の雰囲気で
微妙に味が違っているような 気がするところが面白い。

RIMG0088.jpg

有名なのは南禅寺の「朝がゆと湯豆腐」禅寺独特の素朴で味わいのある
豆腐だが最近とみに、観光客向け豆腐料理屋なるものが余計な付属品をつけて
どこでも 値段を吊り上げてしまったのが残念。

RIMG0091.jpg

RIMG0089.jpg

豆腐は水が命 京料理全てにも共通する柔らかで優しい水質が
料理と豆腐の味を決めている。

久し振りの嵯峨野で食べた豆腐料理、ひと工夫した出し方は、豆乳で
暖めた乳豆腐と吉野葛をかけた葛豆腐、両方ともまろやかで繊細
付け汁の品の良さと相まって とても美味しかった。
 
  1. 2012/01/09(月) 00:26:42|
  2. 食あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

錨のある風景

ぽっぽが冬ごもりの為、山から下りてきて住んでる
港町は歴史のある町です。

ぽっぽは都会のど真ん中、青山と渋谷で生まれ育ち
山も好きですが海も好き

そんな私が港町に移り住んだのが もう27年前、学生時代からの
根からの友達住人に言わせると お前の住んでいる
「 みなとまちニュータウン 」は東京への通勤住人だけ、みんな東京向き

「東京区港町」だから 浜の住人なんておこがましいなどと 
の賜ります そんな風に云われた時代もありました。

何を云いますか~ 東京には確かに通勤していたが、この町が大好き!
れっきとした浜の住民だ~ 最近よう~やく 認知されはじめたが(笑)

錨をオブジェにしている小さなレストラン..
20代のころ通った昔懐かしい メニューと料理の味でいまも営業
食べ方を 熱く語った親父はもう いないけど。

IMG_1874.jpg

潮の匂いがする 海沿いには高層ビルが乱立し、
歴史のある建物が 壊されてゆくのは少し残念
それでも、由緒ある建物はまだまだ 大方健在です。

IMG_1861.jpg

時間があると潮の匂いを嗅ぎに 街歩きをする今日このごろ

汽笛と潮騒の音が 体の中をするりと抜けてゆく感じが
なんとも..心地良いのです。

  1. 2012/01/05(木) 13:15:11|
  2. 町歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

ぽっぽさん

Author:ぽっぽさん
田舎と都会の往復生活、青山生れ
小樽と渋谷で育ち、元写真が生業
だった。 食と旅、他の徒然日記







 

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新のコメント

皆さまからのひと言    

コメント歓迎します。

カテゴリ

Leica M4-2 (1)
Leica M6 (0)
CONTAX RTSⅢ (2)
RICOH CX4 (1)
CONTAX T2 (0)
Canon PowerShot G10 (1)
Canon EOS 7D (0)
OLYMPUS pen E-PL6 (1)
LUMIX DMC- GX1 (1)
FUJIFILM X-E2 (2)
FUJIFILM X20 (1)
NIKON他いろいろ (0)
未分類 (6)
山の便り (54)
横浜便り (18)
独り言 (21)
旅あれこれ (20)
写真とカメラ (5)
食あれこれ (27)
町歩き (9)

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

ブロとも一覧


独りよがりのつぶやき

RSSリンクの表示

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。