あなたへの手紙

都会と八ヶ岳の気ままな便り、カメラの話も交えて新しくスタートします。2016.5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日向山登山

南アルプスの先端、国道20号白州の道の駅の交差点を左折して尾白川渓谷沿い
車で細い林道を上る事約20分、矢立石駐車場で車を置き頂上を目指す。

標高は たかだか1660m。低山と侮るなかれ、入り口には「ハイキングコース」とあるが
この言葉に惑わされて登るとえらい目に合う。 何を根拠のハイキングコース表示?

百名山走破の少し登山中毒?の義兄に誘われ登ったが こちらは数十年振りの登山。
何も解らず錦滝を見ようと周回コースを選ぶと限りなく斜面45度近くの下山道が待っていた。

鎖場、鉄梯子、斜面には至るところにロープが設置され、ロープの助けを借りないと足場の確保も
ままならない急斜面、転げ落ちそうな傾斜と木の根の障害物に 元の駐車場に戻る林道を進む
ころころには筋肉痛で下半身はよれよれだった。

DSCF1981-001.jpg

DSCF1985-005.jpg
山頂付近は花崗岩が風化した白砂状態

DSCF1990-002.jpg
頂上は草木が少なく、砂岩に足をとられたら200m近くは滑落しそうな死の恐怖。

DSCF2002-0012.jpg

DSCF2004-0011.jpg
どうしてここがハイキングコースと云えるのか? スニーカーでは滑落と背中合わせだ。

DSCF2005-003.jpg

DSCF2010-004.jpg
たどり着いた錦滝、落差約50m ほっとする清涼感と南アルプスのまろやかな水の源流。

カメラ FUJIFILM X20 


スポンサーサイト
  1. 2016/07/26(火) 10:41:51|
  2. 山の便り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ぽっぽさん

Author:ぽっぽさん
田舎と都会の往復生活、青山生れ
小樽と渋谷で育ち、元写真が生業
だった。 食と旅、他の徒然日記







 

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新のコメント

皆さまからのひと言    

コメント歓迎します。

カテゴリ

Leica M4-2 (1)
Leica M6 (0)
CONTAX RTSⅢ (2)
RICOH CX4 (1)
CONTAX T2 (0)
Canon PowerShot G10 (1)
Canon EOS 7D (0)
OLYMPUS pen E-PL6 (1)
LUMIX DMC- GX1 (1)
FUJIFILM X-E2 (2)
FUJIFILM X20 (1)
NIKON他いろいろ (0)
未分類 (6)
山の便り (54)
横浜便り (18)
独り言 (21)
旅あれこれ (20)
写真とカメラ (5)
食あれこれ (27)
町歩き (9)

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

ブロとも一覧


独りよがりのつぶやき

RSSリンクの表示

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。