あなたへの手紙

都会と八ヶ岳の気ままな便り、カメラの話も交えて新しくスタートします。2016.5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ライツのレンズ

デジタル時代にフィルム時代のライカレンズを生かせる機種は限られてくる。
マイクロフォサーズのカメラでは残念ながら焦点距離が2倍になってスナップ派の
自分としては 標準レンズとしてもちょっと使い勝手が悪い。

そうかと言ってデジタルライカMに 5~60万も出す気はさらさらない。
「懐ぐあいが本音だが」 早く国産のフルサイズ小型ミラーレス機の発表を期待するばかり。

RIMG0214-02.jpg

Elmarit-M f:2.8/ 28mmは Summicron f:2.0/35mmとともに愛用しているレンズの一本。
開放からシャープで自然なボケ味 デジタルのカリカリピントのレンズと一味違う。

旧時代のレンズと馬鹿にしたら大違い! ZeissContaxレンズを含めドイツレンズの
魅力は 大きなプリントをするとその違いが良くわかる。 






スポンサーサイト
  1. 2016/09/27(火) 00:20:00|
  2. 写真とカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

through a lens 2

コンタックスRTSⅢは独創的な発想の基開発され シャッターを切る瞬間バキューム
装置が働きフィルムの平面性を確保する画期的なカメラだ。 京セラの意欲作

ただバキューム装置での平面性に対して効果と優越性が評価されず、他社が追従する
事はなかった。これ一台で生産は終了するが、しかし貴重なカメラの一台に違いない。

当時ニコン、キャノンの高級機が20万円台の時。発売時には35万で売り出していた。

035-01.jpg
CONTAX RTSⅢ  Planar f:1.4 / 50mm


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/09/25(日) 00:05:08|
  2. CONTAX RTSⅢ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

through a lens

某カトリック教会内、主に結婚式写真を reica M4-2 にワインダー付けて撮影していた。
レンズはズミクロン50mmをもぱら使い。 ワインダーはたまたま札幌のカメラ店で発見
早速送ってもらい以後20年以上も愛用していた。

ドイツレンズの設計思想、ライツのレンズも開放からピントがシャープでボケと空気感が
独特の味を醸し出す その魅力がプロアマ含め愛用者の心を虜にするのか。

02-01.jpg

3B-2 B1-0160
LEICA M4-2   SUMMICRON f:2 / 50mm Wetzlar


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/09/23(金) 00:10:00|
  2. Leica M4-2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江戸の味

銀座四丁目から直ぐ近く 細い路地の奥まった左側にあなご料理の店がある。

ここのあなごは全て天然もの、あなごの名店日本橋「玉ゐ」の料理長が独立した店。

DSCF1943-03.jpg

江戸前のあなご、別の天然ものと云った方が正解かもしれない 江戸前のあなごは
希少価値に近く、少なくなっているようなので。

DSCF1938-01.jpg

14~5人も入れば一杯になりそうな店だが ランチタイム終了時間ぎりぎり
滑り込んでみると 人気店ゆえまだ先客7~8人が席をうめていた。

食べて二度楽しめる、「ひつまぶし」を注文、こちらのイメージより若干焼きはあまい
ふっくらとして味もしっかりしていたのだが 焼きがな~ 微妙だが満足度は4.5?

DSCF1942-02.jpg
FUJI X20 FUJINON F:2~2.8 7.1mm~28.4mm

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2016/09/21(水) 09:42:30|
  2. 食あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千枚田

輪島市から車で約10分「能登千枚田」がある。

今回金沢ベースに日帰りの日程だったが日本海に面した「渚ハイウェイ」のおかげで
2時間弱、正直なところ1時間40分ぐらいか...覆面パトカーにも捕まらず(^-^)無事到着。

年?も考えずハンドルを握る 暴. 走. 族か! 後でホテルのコンシェルジュにビックリされた。
ゴールド免許の更新も又ブルーに逆戻り あぶない あぶない反省しきり。

DSCF0575-01.jpg
FUJI X-E2  FUJINON F2.8-4 18mm~55mm

近年ネット等でも有名になり こんな能登の田舎の端っこにも観光客が押しよせる。
何処で知ったのか外国人も多い 情報社会のすごさを知る。 

ここで取れた米で握ったおにぎりが駐車場の土産屋で売っている。
買った握り飯が美味い... 日本人で良かった!


  1. 2016/09/20(火) 00:10:58|
  2. FUJIFILM X-E2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ぽっぽさん

Author:ぽっぽさん
田舎と都会の往復生活、青山生れ
小樽と渋谷で育ち、元写真が生業
だった。 食と旅、他の徒然日記







 

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新のコメント

皆さまからのひと言    

コメント歓迎します。

カテゴリ

Leica M4-2 (1)
Leica M6 (0)
CONTAX RTSⅢ (2)
RICOH CX4 (1)
CONTAX T2 (0)
Canon PowerShot G10 (1)
Canon EOS 7D (0)
OLYMPUS pen E-PL6 (1)
LUMIX DMC- GX1 (1)
FUJIFILM X-E2 (2)
FUJIFILM X20 (1)
NIKON他いろいろ (0)
未分類 (6)
山の便り (54)
横浜便り (18)
独り言 (21)
旅あれこれ (20)
写真とカメラ (5)
食あれこれ (27)
町歩き (9)

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

ブロとも一覧


独りよがりのつぶやき

RSSリンクの表示

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。