あなたへの手紙

都会と八ヶ岳の気ままな便り、カメラの話も交えて新しくスタートします。2016.5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京都御所

子供達と京都大阪を旅行した時、京都は何度も行ってかなりは見ているが
京都御所だけは未だ見学していなかった。

通常の神社仏閣は予約なし、余程の事がないかぎり何時でも見学でき
るが 京都御所を始め修学院など宮内庁所管の施設だけは別である。

まず始めに所定の書式にて見学者の人数と姓名住所年齢の登録申請をする。
そして希望の見学日、時間を申請し審査の上連絡がある。但し1日約90名まで 
時間による各コース1組30名と云う制限も厳しい。

申請してもかなりの狭き門、ラッキーな事に今回一発で見学OKの許可がおりた。

11時ジャストからの見学も 広大な京都御所の入場門が分らず 制服、私服の
皇宮警察官が待ち構えるなか大汗をかいて「清所門」にようやくたどり着き、ぎりぎりセーフ
IMG_0456-001.jpg
IMG_0394-002.jpg
清所門を入ると直ぐ左手に受付所、事前に発行されている見学許可書を見せ
当日の見学者の待つ、左の見学者控室に案内される。
IMG_0405-005.jpg
30名の我が組には外国人4~5名もいて 御所専任ガイドの案内で中を周ったが
必ず最終列には私服警察官がピタッと警備、他の観光地とはやはり雰囲気が違う。
IMG_0398-003.jpg
IMG_0411-014.jpg
IMG_0407-006.jpg
陛下が京都に来れれる時は一番格式の高い「建礼門」からお入りになり この
玄関から 内宮にお着きになるそうだ。

IMG_0412-004.jpg
公の行事などが執り行われる「柴宸殿」
IMG_0419-007.jpg
IMG_0441-013.jpg
「小御所」 御寝所
IMG_0421-010_2014102310154936e.jpg
IMG_0422-009.jpg
御所、屋根を葺いている栢木の板の実物が見学者の為に展示されていた。
IMG_0427-006.jpg
IMG_0447-008.jpg
「御池庭」 この庭の清流上手から盃を流し、下手で招待者が盃をうけとる風流な
遊びがかって宮中で行われていたとの事。
     (お流れを頂戴するという言葉はここが原点と云われたようだ)

宮内庁所管の「御所」は木々、中の手入れも隅々まで徹底していて その
素晴らしさは 他の観光施設とは勿論一線を画して感嘆する。

余談だが 御所に匹敵する手入れの良さで民間施設は長野伊那食品
(かんてんぱぱ) の本社敷地と庭園 そう云う庭園が長野にあった事もビックリ。









関連記事
  1. 2014/10/23(木) 00:50:14|
  2. 旅あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<かんてんパパガーデン | ホーム | ユニバーサルスタジオ>>

コメント

Re: タイトルなし

> お久しぶりです。
ご無沙汰していました。

> 普通の観光では見られない場所もあったりして、私なら審査に通ったことが何だか
ステータスのような気持になったかも~なんて思いました(^_^;)

犯罪歴、危険思想でマークされていなければ普通は大丈夫、1日の見学者人数制限がね~
 
> 欲言えばもう少し時期をずらして紅葉が見られるのもあり!でしたね。
紅葉シーズンの京都はとにかく物凄い人、人、人、半年前からでも宿が取れるかどうか(笑) 

  1. 2014/10/26(日) 15:49:15 |
  2. URL |
  3. ぽっぽさん #-
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです。
早速お伺いしまして、京都御所の事はじめて知ったのは
専任ガイドさんのいらっしゃること!私服警察官も?
普通の観光では見られない場所もあったりして、私なら審査に通ったことが何だかステータスのような気持になったかも~なんて思いました(^_^;)
欲言えばもう少し時期をずらして紅葉が見られるのもあり!でしたね。
京都の紅葉は素晴らしいと聞きます、いちどゆっくり歩きたいものです。
  1. 2014/10/24(金) 21:46:31 |
  2. URL |
  3. チコちゃん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://renjyoo.blog.fc2.com/tb.php/113-2b233f4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぽっぽさん

Author:ぽっぽさん
田舎と都会の往復生活、青山生れ
小樽と渋谷で育ち、元写真が生業
だった。 食と旅、他の徒然日記







 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新のコメント

皆さまからのひと言    

コメント歓迎します。

カテゴリ

Leica M4-2 (1)
Leica M6 (0)
CONTAX RTSⅢ (2)
RICOH CX4 (1)
CONTAX T2 (0)
Canon PowerShot G10 (1)
Canon EOS 7D (0)
OLYMPUS pen E-PL6 (1)
LUMIX DMC- GX1 (1)
FUJIFILM X-E2 (2)
FUJIFILM X20 (1)
NIKON他いろいろ (0)
未分類 (6)
山の便り (54)
横浜便り (18)
独り言 (21)
旅あれこれ (20)
写真とカメラ (5)
食あれこれ (27)
町歩き (9)

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

ブロとも一覧


独りよがりのつぶやき

RSSリンクの表示

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。