あなたへの手紙

都会と八ヶ岳の気ままな便り、カメラの話も交えて新しくスタートします。2016.5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天空の白鷺城

今回の旅の第一目的は 兵庫県姫路市にある姫路城の見学でした。

通称(白鷺城)その美しさはまさに「天空の城」 いろいろな城を
見てきたが 私は日本の城の中でもナンバーワンだと感じています。

写真などではよく見ていても 見学するのは初めて。

なぜ今回、わざわざ姫路城に?
 
それはどこの城も外側からの見学と、城の中は開放され天守閣まで
登れるのが一般的ですが..

現在は姫路城は天守閣の中は見れない、登れないのです。

昭和の大修理から50年経ち、平成の大修理が始まったからです。

でもその代りと云っては何ですが 直ぐ傍で屋根や鯱鉾、白壁の
修理の現場を間近で 見学できるのです。
 
21年8月~5年間をかけての大修理、次回は確実に生きている間に
めぐり合えない 貴重なチャンスなのです。

RIMG0033-001.jpg

RIMG0017-004.jpg
RIMG0010-002.jpg
RIMG0011-003.jpg
RIMG0019-006.jpg

事前の予約申し込みは必要だが、実際の屋根や鯱鉾を4~5mの間近で
見学でき、全国から集められた匠の修理現場を見る事の貴重さ。 

それに関心したのは あの大きな城をすっぽり覆う構造物の建設と
本格的エレべーター2基で一気に天守閣の5階まで昇れる

地表の石垣の高さを含めると 10建ての建物に相当する
現代の建築技術と改修の凄さに ただただ関心しました。

RIMG0016-007.jpg

予想外だったのは外国人見学者の多かった事 この関心高さは
日本人以上かもしれない。

RIMG0015-005.jpg

敷地の広さにも驚きました。

関係者の話だと内堀、(外堀、現在はない)を含めて江戸城(皇居)に
次いで2番目の広さだと云う。

内堀、大手門をくぐって城の本丸にたどり着くまで、かなり歩きました。



関連記事
  1. 2012/11/17(土) 13:03:07|
  2. 旅あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<倉敷にて | ホーム | 八ヶ岳晩秋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://renjyoo.blog.fc2.com/tb.php/53-0f5099aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぽっぽさん

Author:ぽっぽさん
田舎と都会の往復生活、青山生れ
小樽と渋谷で育ち、元写真が生業
だった。 食と旅、他の徒然日記







 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新のコメント

皆さまからのひと言    

コメント歓迎します。

カテゴリ

Leica M4-2 (1)
Leica M6 (0)
CONTAX RTSⅢ (2)
RICOH CX4 (1)
CONTAX T2 (0)
Canon PowerShot G10 (1)
Canon EOS 7D (0)
OLYMPUS pen E-PL6 (1)
LUMIX DMC- GX1 (1)
FUJIFILM X-E2 (2)
FUJIFILM X20 (1)
NIKON他いろいろ (0)
未分類 (6)
山の便り (54)
横浜便り (18)
独り言 (21)
旅あれこれ (20)
写真とカメラ (5)
食あれこれ (27)
町歩き (9)

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

ブロとも一覧


独りよがりのつぶやき

RSSリンクの表示

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。